江戸指物と木工品について

| | コメント(0) | トラックバック(0)
 江戸指物と木工品とはどこが違うのでしょうか?どちらも木材で作られています。どちらも生活用品です。そうです、江戸指物は木工品の一つと言うことが出来ます。けれど、私は江戸指物は、「1ランク上の木工品」でなければならない、と考えています。
 材料の吟味、加工の精度、道具の扱い方、より良いものを求める姿勢等、すべてに必要以上の完成度を追求していかなければならないと考えています。
 このくらいでいいだろう、という程度では江戸指物とはいえないと思います。
 単なる木工品ではなく、木工品プラス、遊び心や、一つ上の表現力、理想を追求する真摯な姿勢、それらを、しゃしゃり出ない日本美に包み込んでこそ、「江戸指物」ということが出来ると思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 江戸指物と木工品について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://joshintei.com/mt/mt-tb.cgi/5

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja

このブログ記事について

このページは、joshinteiが2010年10月21日 16:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「江戸指物は、長い間使い続けることが出来ます。」です。

次のブログ記事は「はぜ釣りに行ってきました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。