江戸指物師の皆さんとはぜ釣りに行ってまいりました。

雨模様で寒く、釣果はたいした事ありませんでしたが、楽しい一日でした。
江戸指物師の一年には、季節ごとの楽しみがあります。
春には梅見、夏は竹の子狩り、秋にはハゼ釣り、冬にはフグ釣りと、みんなで遊びます。
特に釣りは、道具選びから、仕掛けの工夫、手返しの早さなど、指物製作にとても重要なヒントがたくさん詰まっているそうです。ですから、毎回工夫を凝らしてきます。
また、捕ったものは自分で調理して周りに分けたりして、全部食べつくします。
江戸指物師は、一日中部屋の中で製作していますから、たまには大自然の中で陽の光を浴びてグーッと伸びをする必要があるようです。