額縁
額縁/戸田 敏夫 作

島桑の額縁である。真ん中には会津桐を砥の粉仕上げにして色紙の背景として使用している。裏の止め金具は、やはり桑製で、指物らしい作りとなっている(トンボという)。紐も伝統工芸品である。四方角丸の柔らかい姿である。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM